Anacondaとは

Anacondaは数値計算とかに便利なライブラリが一式つまったpythonのディストリビューションです。
Download Anaconda Python Distribution

Windows版Anacondaのsilent install

Windowsの場合exe形式のインストーラーがあります。GUIのウィザードで簡単にインストールできますが、 コマンドひとつでサイレントインストールすることもできます。

Anaconda Install — Continuum documentation

Anaconda-2.x.x-Windows-x86[_64].exe /S /D=C:\Anaconda

/Sというオプション(スイッチ)がポイントですね。 /Dには導入するフォルダを指定します。一番最後に指定しましょう。 これでインストールではできるのですが、PATHの設定や使用ユーザーを設定したいときには次のようなオプションを設定できます。

  • /InstallationType=AllUsers [default:JustMe]
  • /AddToPath=[0|1] [default:1]
  • /RegisterPython=[0|1] [default:AllUsers:1, JustMe:0]

ちなみにこれらは/?というオプションをつけて実行すると確認できます。

例えばすべてのユーザー用にインストールし、PATHやRegistryを登録するサイレントインストールの方法は以下のコマンドになります。
ただしPATHやRegistryにきちんと登録するためには、コマンドプロンプトのアイコンのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「管理者として実行」(Run As Administrator)で起動してから以下のコマンドを実行してください。

Anaconda-2.x.x-Windows-x86[_64].exe /InstallationType=AllUsers /AddToPath=1 /RegisterPython=1 /S /D=C:\Anaconda

バッチファイルで実行する場合

コマンドは一瞬で終了しますが、実は裏側でインストーラーが動いています。
バッチファイルなどでインストールが完了するまで待つためにはstartコマンドの/waitオプションを使います。詳しくはstart /?を参照してください。

以下は、32bit版Anacondaの2.0.1版をすべてのユーザー用にC:\Anacondaにインストールし、PATHとレジストリの設定まで行うものです。

set FILENAME=Anaconda-2.0.1-Windows-x86.exe
set PATHTO=C:\Anaconda
start "Anaconda Install" /wait "%FILENAME%" /S /InstallationType=AllUsers /AddToPath=1 /RegisterPython=1 /D=%PATHTO%

上のようにインストール先を変数で渡す場合、/D="%PATHTO"と書くとうまく行きません。
C:\Program Files\Anacondaのようにパスに空白を含む場合でも/D=%PATHTO%と書きましょう。
変数で渡さず直接インストール先のパスを書く場合は、/D=C:\Program File\Anacondaと書いても/D="C:\Program Files\Anaconda\"と書いてもどちらでも大丈夫なようです。

参考

Windows silent installation

カテゴリー: AnacondabatchpythonWindows

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。