Hudson/JenkinsでVisual Studioのプロジェクトをビルドしたい、そんなとき。 MSBuild Pluginを使うよ。

MSBuild Pluginの導入

「Hudsonの管理」→「プラグインの管理」→「利用可能」タブ→ 「Hudson MSBuild Plugin」にチェックを入れて「インストール」

インストールが完了したら、「ジョブが実行中でなければ再起動」ボタンを押してHudson/Jenkinsを再起動。

MSBuild Pluginの設定 導入ができたら、プラグインの設定をする。

「Hudsonの管理」→「システムの設定」
MSBuild Builderの項目が新たにできているので、nameとpathを指定する。 nameは、ジョブの設定時、MSBuildの選択肢として出てくるのでわかりやすい名前をつける。 Path To msbuild.exeにはmsbuild.exeの場所を指定すればよい。
たいていの場合、C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\[version]\MSBuild.exe

私の環境では以下のバージョンがあったよ。

  • v1.0.3705
  • v1.1.4322
  • v2.0.50727
  • v3.0
  • v3.5
  • v4.030319

設定例

とりあえず、最新のだけ使うので

  • name: v4.030319
  • path: C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\MSBuild.exe

と入力して保存。必要に応じて他のバージョンも追加できる。

ジョブの設定

「ビルド手順の追加」で

Build a Visual Studio project or solution using MSBuild. を追加 * MsBuild Versionはプルダウンメニューから使用するMSBuildを選ぶ。上のシステム設定でnameに指定したものが一覧に出る * MsBuild Build Fileにはビルドしたいプロジェクトの.proj.slnのパスを指定 * Command Line ArgumentsにはMSBuildのオプションを設定

設定例

  • MsBuild Version: v4.030319
  • MsBuild Build File: C:\hudson\jobs\ジョブ名\workspace\プロジェクト名\プロジェクト名.sln
  • Command Line Arguments: /t:Rebuild /p:Configuration=Release

私の場合gitプラグインでプロジェクトをHudson/Jenkinsワークスペース以下にcloneして来てるので、cloneしてきたソリューションファイルの場所を指定しているよ。

Command Line Argumentsでリリース版のみをリビルドするよう設定。/t:/target:/p:/property:の省略値。/t:cleanとかを組み合わせればクリーンビルドとかもできるね。 これでVC++のプロジェクトがビルドできたよ。

MSBuildの詳しい使い方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Anaconda

Windows版Anacondaのsilent install

Anacondaとは Anacondaは数値計算とかに便利なライブラリ 続きを読む …

batch

Windowsのコマンド・プロンプトの拡張子の取り扱い

[NT] コマンド プロンプトでの拡張子の取り扱い http://su 続きを読む …