コマンドひとつで複数のリモートリポジトリにgit pushしたい、そんなとき。

作業中リポジトリの.git/configを直接編集して、push先のurlを複数書いちゃう。
試したのはgit version 1.5.6.5だよ。

[remote "foobar"]
        url = /hoge/foo.git
        url = /hoge/bar.git

あとはリモートリポジトリfoobarにpushすれば、foo.gitとbar.gitにpushされるよ。
でもgit remote -vとかgit showしたときに

warning: Remote origin has more than one URL

って怒られるけどね。
git config -l なら内容を確認できるよ。

remote.foobar.url=/hoge/foo.git
remote.foobar.url=/hoge/bar.git

わけわかんなくなるから複数登録するときはpush用にした方がいいかもね。

カテゴリー: gitTips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

batch

Windowsのコマンド・プロンプトの拡張子の取り扱い

[NT] コマンド プロンプトでの拡張子の取り扱い http://su 続きを読む …

Google

Google +1ボタンをWordPressに設置する

Google +1 ボタンをWordpressに設置する方法。 +1ボ 続きを読む …