NEWS

最新情報

NEWS

最新情報

2019年

2019/8/20

ウニークスが制作を担当した
三井E&S造船株式会社様のホームページがオープンしました

この度、弊社が制作を担当した三井E&S造船株式会社様のホームページが2019年8月6日にリリースされました。

三井E&S造船株式会社様は船舶・艦艇事業などを手掛ける重工業メーカー様です。

これまで三井E&S造船株式会社様とはi-Shippingプロジェクトにて共に研究開発を進めてまいりました。そのノウハウを活かし、

しっかりコンセプトをすり合わせながらHP制作を行い、公開へつなげました。

皆さんもぜひ一度、三井E&S造船株式会社様のホームページにアクセスしてみてください。

三井E&S造船株式会社様ホームページ

https://www.mes.co.jp/shipbuilding/

株式会社ウニークスではこうしたHP制作も積極的に行ってまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

2019/8/13

ウニークスが制作したリハビリテーションアプリ
"Long Life Support"がリリースされました

この度、ウニークスが制作した リハビリテーションアプリ “ロングライフサポート”が2019年8月13日にリリースされました。

山本商店様(千葉大学の山本医師)の企画のもと、ウニークスが制作と販売を担当しております。

メインターゲットは高齢者の方で、スマートフォンの操作に慣れていない方でも使いやすいデザインを目指しました。

また、見えやすいように色を高コントラストにしたり、文字のサイズやボタンのサイズを大きくするなど工夫をしました。

株式会社ウニークスではこうしたアプリケーション制作も積極的に行ってまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

詳しくは、App Store Long Life Supportでご覧ください。

https://apps.apple.com/jp/app/long-life-support/id1462717397

2019/7/1

Xperia Hello!を利用してユーザのWebアプリケーション活用をサポートする機能の試作を行いました

Xperia Hello!は音声や動きによるユーザーとのコミュニケーションを目的としたロボットで、ソニーモバイルコミュニケーションズが開発・販売しています。

AndroidをOSとして採用しており、スマートフォン用アプリケーションからロボットの機能を使うことができるようになっています。

弊社では2018年12月から2019年3月にかけて、Xperia Hello!に音声で問いかけたユーザに必要な情報を提供するWebアプリケーションの仕組みについて、調査とXperia Hello!用アプリのプロトタイプ開発を行いました。

2018年

2018/9/27

須永剛司退任展「情報のかたち 社会のかたち」表現ネビュラの展示をお手伝いします

須永剛司退任展「情報のかたち 社会のかたち」デザイン新領域の育て方

展示の一つ、「表現ネビュラ」を株式会社ウニークスがお手伝いします。

「わたしたちは四半世紀にわたり、目に見えない情報にかたちを与えるデザイン領域をつくってきました。

そこで体験したのは、デザインの課題が情報のプロダクトからコミュニケーションのサービスへ展開し、

さらに社会の営みをかたちづくることへ広がっていく変容です。

この展覧会では、その領域づくりの所産とそこに生まれた議論をふり返ります。

そこから、人びとの社会づくりに参加するデザインの可能性を展望します。」

須永剛司教授は東京藝術大学を2019年3月をもって退任されます。

この機会に人びとの社会づくりに参加するデザインの可能性を覗いてみませんか。

開催期間

2018/10/04(木)~2018/10/09(火)

「表現ネビュラ」は下記の日程で行われます。

10月5日(金) 14:00~18:00

10月6日(土) 10:00~18:00

10月7日(日) 10:00~18:00

10月8日(月) 10:00~18:00

時間

10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

休館日

会期中無料

入場料

無料

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2F

〒110-8714

東京都台東区上野公園 12-8

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

詳しくは下記サイトをご覧ください。

https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2018/sunagatakeshi/sunagatakeshi_ja.htm

2018/5/18

三井E&S造船株式会社様 i-Shippingプロジェクトへの参画が決定いたしました

この度、三井E&S造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「Digital Twinによる造船工程の高度化」への参画が決定いたしました。

ヒト・コト・モノの電子管理システムによるリアルタイムで精度の高い生産実績の把握と、

生産計画と生産実績の比較分析を可能とし、生産工程の効率化を図ります。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji05_hh_000152.html

今後とも、弊社をよろしくお願いいたします。

2018/5/18

今治造船株式会社様 i-Shippingプロジェクトへの参画が決定いたしました

この度、今治造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「レーザスキャナを用いた船体曲がり外板の製造支援」への参画が決定いたしました。

レーザスキャナで計測した鋼板の曲がり具合に応じて、加熱すべき位置・方向を鋼板に表示する技術を開発します。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji05_hh_000152.html

今後とも、弊社をよろしくお願いいたします。

2018/4/13

国際海事展「SEA JAPAN 2018」に出展しました

国際海事展「Sea Japan 2018」が東京ビッグサイトにて2018年4月11日(水)~13日(金)の3日間、開催されました。

http://www.seajapan.ne.jp/

弊社は

  • ・三井E&S造船株式会社様と東京大学様と共同で開発している、三井E&S造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「Digital Twinによる造船工程の高度化」
  • ・今治造船株式会社様と東京大学様と共同で開発している、今治造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「AR等を活用した曲がり外板の製造支援」

2つのプロジェクトに取り組んだ成果を紹介いたしました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

2017年

2017/6/18

アプリ「Axis Visualizer」の Android版を公開いたしました

iOSにて配信していたアプリ「Axis Visualizer」のAndroid版を公開いたしました。

本アプリはGoogle Playよりダウンロードできます。

下記からお願いいたします。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.unicus.axisvisualizer

今後とも、弊社をよろしくお願いいたします。

2017/5/1

三井E&S造船株式会社様 i-Shippingプロジェクトへの参画が決定いたしました

この度、三井E&S造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「Digital Twinによる造船工程の高度化」への参画が決定いたしました。

ヒト・コト・モノの電子管理システムによるリアルタイムで精度の高い生産実績の把握と、

生産計画と生産実績の比較分析を可能とし、生産工程の効率化を図ります。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji05_hh_000121.html

今後とも、弊社をよろしくお願いいたします。

2017/5/1

今治造船株式会社様 i-Shippingプロジェクトへの参画が決定いたしました

この度、今治造船株式会社様 i-Shippingプロジェクト「AR等を活用した曲がり外板の製造支援」への参画が決定いたしました。

レーザスキャナによる曲がり外板の3次元計測データを基に、AR等を活用した曲げ作業支の高度化を図ります。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji05_hh_000121.html

今後とも、弊社をよろしくお願いいたします。

2016年

2016/03/30

サイトリニューアルのお知らせ

2016年3月 株式会社unicusのサイトをリニューアルいたしました。

よりわかりやすいサイトとなるように全面的にデザインを見直しました。

今後とも内容の充実を図って参りますので、弊社をよろしくお願いいたします。

2016/03/02

Axis Visualizerがインタラクティブ発表賞を受賞しました。

2016年3月4日、 独立行政法人 産業技術総合研究所 (産総研)様の取り組みを元に株式会社unicusが開発を担当したAxis Visualizerがインタラクション2016にてインタラクティブ発表賞(PC委員推薦)をいただきましたのでお知らせ致します。

表彰ページはこちらです。

インタラクション2016について

1997年より毎年開催されいているシンポジウム「インタラクション」は様々な分野の研究者、実務者が集まり、インタラクションにかかわる最新の技術や情報を交換、議論する場です。

詳細は インタラクション2016公式サイト をご覧ください。

日ごろの皆様のご支援、ご協力に心より感謝を申し上げます。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

事業に関するご相談・お問い合わせはこちら

事業に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ