HOME

>

会社案内

PROFILE

会社案内

会社概要

社名:

英文社名:

設立:

資本金:

所在地:

代表:

社員数:

株式会社ウニークス

UNICUS Co., Ltd.

2002年10月1日

500万円

101-0047 東京都千代田区内神田1丁目9番10号 キムラビル4階

代表取締役 杉山 達彦

10名

アクセス

神田駅 西口徒歩5分。キムラビル4階。

西口商店街直進し信号のある交差点の横断歩道を渡った左手。

1階にある紳士服店「ビッグヴィジョン」が目印です。

 

神田駅 JR:京浜東北線/山手線/中央線
東京メトロ:銀座線
徒歩5分 
(西口から)
大手町駅 東京メトロ:丸の内線/千代田線/東西線/半蔵門線 徒歩10分
(A2出口、鎌倉橋方面)
淡路町駅 東京メトロ:丸の内線
徒歩10分 
(A1出口から)
小川町駅 都営地下鉄:新宿線 徒歩10分
(A4出口から)

会社沿革

2002年10月

2004年11月

2006年5月

 

2006年10月

 

2008年11月

2009年1月

2009年4月

 

2010年1月

2010年4月

 

 

2011年4月

 

 

2012年4月

 

 

2014年2月

2017年5月

 

 

2017年5月

 

ソフトウェア開発を主たる業務として、有限会社ウニークス設立(神奈川県横浜市鶴見区向井町)

弊社代表が(独)情報処理推進機構 未踏ソフトウェア創造事業に採択

弊社代表が(独)情報処理推進機構 未踏ソフトウェア創造事業に2回目の採択

東京都千代田区内神田に事務所開設

株式会社ウニークスに組織変更

本社移転(東京都千代田区内神田)

NPO法人 ウェアラブル環境情報ネット推進機構、東京大学と共同で造船業向け精度計測ソリューションの研究開発を開始

全国大会受付システム(主催 (社)人工知能学会)の開発/運営業務開始

(財)シップ・アンド・オーシャン財団 平成21年度技術開発基金による補助金の交付

NPO法人 ウェアラブル環境情報ネット推進機構との共同申請。研究テーマは「船殻ブロックの搭載工数削減手法の開発」

(独)情報処理推進機構 未踏IT人材発掘・育成事業に採択

(財)シップ・アンド・オーシャン財団 平成22年度技術開発基金による補助金の交付

NPO法人 ウェアラブル環境情報ネット推進機構との共同申請

研究テーマは「三次元レーザスキャナによる造船所向け精度計測システムの開発」

(財)シップ・アンド・オーシャン財団 平成23年度技術開発基金による補助金の交付

NPO法人 ウェアラブル環境情報ネット推進機構との共同申請

研究テーマは「レーザスキャナによる船舶部材の自動計測システムと工程改善のための計測データ分析手法の開発」

(財)シップ・アンド・オーシャン財団 平成23年度技術開発基金による補助金の交付

NPO法人 ウェアラブル環境情報ネット推進機構との共同申請

研究テーマは「レーザスキャナによる船舶部材自動計測システムと計測データ分析手法の開発」

産総研の申し送りシステムを製品化、富山の介護老人保健施設に試験導入

国土交通省 平成29年度 先進船舶・造船技術研究開発費補助事業(革新的造船技術研究開発、i-Shipping Production)の今治造船(株)様の研究開発に参画。

研究テーマは「レーザスキャナを用いた船体曲がり外板の製造支援」

国土交通省 平成29年度 先進船舶・造船技術研究開発費補助事業(革新的造船技術研究開発、i-Shipping Production)の三井造船(株)様の研究開発に参画。

研究テーマは「Digital Twinによる造船工程の高度化に関する研究」

主な取引先

日本郵船株式会社

株式会社MTI

株式会社 NYK Business Systems

今治造船株式会社

三井造船システム技研株式会社

富士通アプリケーションズ株式会社

独立行政法人 産業技術総合研究所

国立大学法人 東京大学

一般社団法人 人工知能学会

重信国際特許事務所 [株式会社 トランサポート]

(順不同)

 

お問い合わせフォームへ

事業に関するご相談・お問い合わせはこちら

© 2017 UNICUS Co., Ltd.